Menu

義足

Home
義肢

義足

義足とは?

失われた体の一部を人工物で代替することにより、患者自身の機能的・精神的な問題を軽減させるために用いられ、下肢・足部の義肢を「義足」と言います。

現在では、ゴムやシリコンを用いて、本物の体に近い仕上がりにする技術が発達しております。

お一人お一人に適応するよう製作されるオーダーメイド製品

義足

義足と一言で言っても、傷害を負われた方一人一人適応する義足は違ってきます。

当社では、医療に携わるものとして長年培ってきた経験と実績を元に、医師からの処方を基にお一人お一人の生活環境や身体能力・心理的要因などによって求められる要素をすべてふまえて製作します。

心と体が躍動する毎日のために

使用者の体の一部である義足として、体の状況や生活スタイルを考慮し、これまでの豊富な経験と日々進化する最先端技術を総動員して、一人一人に合わせて製作いたします。

また、より充実した毎日を送っていただくために、皆様それぞれのお仕事やご趣味、スポーツに対応した義足のご提案も行っています。

制作工程

制作工程

使用者に対する身体的機能評価や障害評価に基づき、医師により義足が処方され、製作が開始されます。

まずは、各個人に対応すべく採型や採寸を行い、この採型に基づいて陽性モデルを製作して、義肢ソケットや支持部を形成する場合と採寸に基づいて材料を加工する場合があります。

仮合わせという仮組みの状態で適合状態を確認・調整し、最終的には仕上げ工程で製品としての装飾をしたうえで使用者にお渡しします。

義足の採型(型どり)

義肢・装具の製作上で、採型は一番重要な作業です。

細部機能検査

使用者に最も適応した最新のパーツを取り入れることにより、自然にかつ快適な歩行の実現に努力します。

組み立て工程

組み上がった製品に不具合がないか、慎重な最終チェックを行ないます。

製品最終検査

石膏モデルに合わせ、丁寧に製品を製作していきます。
すべてが手作業で行われるため、製作には時間がかかります。

石膏最終検査

石膏モデルの修正の時点で最終的な適合は決まると言っても過言ではありません。
長年の経験と熟練された技術が数ミリ単位の世界を作り上げます。

装着検査

使用者に義足を装着していただき、使用者と私達双方が納得のいく義足を提供いたします。

歩行検査

自然にそして、快適な義足歩行の実現に全力を注ぎます。

助成制度をご存じですか?

義肢装具などの補装具を製作する際には下記のような制度の助成が受けられます。

身体障害者手帳をお持ちの方

補装具の購入、修理を希望する場合は、市町村に対して費用の支給を申請し、支給決定後サービスの提供を受ける事ができます。
その際、利用者はかかる費用の1割を負担します。

健康保険証をお持ちの方

治療中に医師が必要と認めた補装具の代金は、一時全額立替え払いとなりますが、国民健康保険の窓口や社会保険事務所等に申請することによって一部負担金を除いた金額が払い戻しされます。(償還払いの制度)