Menu

義手

Home
義肢

義手

義手とは?

失われた体の一部を人工物で代替することにより、患者自身の機能的・精神的な問題を軽減させるために用いられ、上肢・腕部の義肢を「義手」と言います。

現在では、ゴムやシリコンを用いて、本物の体に近い仕上がりにする技術が発達しております。

装飾用と機能を目的にした能動用と作業用の義手

義手

義手には装飾用と機能を目的にした能動用と作業用があります。

ソケットの材質は熱硬化性樹脂・熱可塑性樹脂・皮革などがあります。
装飾用の手先具には指関節の動かせるものや手首の回転、掌、背屈できるものもあります。

肩関節より近位部での切断の方

◆肩義手

肩義手では骨各構造・殻構造ともに断端の保護と外観を目的にしたものが多くみられます。

肘関節より近位部での切断の方

◆上腕義手

能動義手は切断者が任意に操作して、手先具や肘継ぎ手などの可動部分を動かせます。

手首より近位部での切断の方

◆前腕義手

【差込式前腕義手】
 中断端~長断端の人に適応です。カフベルトを用いて懸垂します。
 ミュンスター型の改良で中断端から長断端の人にも懸垂性のあるノースウェスタン式があります。
【ミュンスター型】
 短断端の人に適応です。上腕骨顆部まで覆いソケットに懸垂性がります。

指から手首までの切断の方

◆手部義手

【ノーマルグローブ】
 厚みや堅さを変えることが出来るスタンダードタイプです。
【カラーグローブ】
 2層構造で着色してあるリアルなタイプです。
【シルグローブ】
 汚れが付きにくく変質、変色も少ない非常にリアルなタイプです。

助成制度をご存じですか?

義肢装具などの補装具を製作する際には下記のような制度の助成が受けられます。

身体障害者手帳をお持ちの方

補装具の購入、修理を希望する場合は、市町村に対して費用の支給を申請し、支給決定後サービスの提供を受ける事ができます。
その際、利用者はかかる費用の1割を負担します。

健康保険証をお持ちの方

治療中に医師が必要と認めた補装具の代金は、一時全額立替え払いとなりますが、国民健康保険の窓口や社会保険事務所等に申請することによって一部負担金を除いた金額が払い戻しされます。(償還払いの制度)